町田市の注文住宅に強い腕利き工務店ガイド
HOME » 注文住宅の費用あれこれ(町田市編) » 賢い住宅ローンの組み方

賢い住宅ローンの組み方

注文住宅を町田で購入する場合のローン設計では、どんな点に気をつければいいのか?気になるポイントをまとめています。

住宅ローンを借りる前にチェックするべきポイント。

ほとんどの方が家を建てる時は住宅ローンの借り入れを検討することでしょう。ここでは住宅ローンの賢い組み方を簡単に解説したいと思います。

まず、頭金はどれくらい用意していますか?一般的な数字では注文住宅建築の総費用の20 %くらいが目安と言われています。住宅ローンは、借入の上限が住宅取得費用の80%までですから、残り20%分を自己資金として用意するべき数字として割り出したのでしょう。

しかし、20%で本当に大丈夫でしょうか?上棟時点で中間金を支払う必要があるなど、思わぬ出費もあります。住宅ローンの種類によっては全額借りることができるものもありますが、やはり自己資金は多めに用意しておくべきだと考えます。最低でも30%程度頭金で用意しておけば安心ですよ。

また、返済期間についても悩ましいところです。返済期間によって住宅ローンの総額は大きく変わるものですから。ここは判断に難しいところ。月々の返済額を抑えれば、返済期間は長くなります。だからといって、毎月の返済額を高めに設定すれば、いざという時、現金が手元になくて困ってしまいます。固定金利にするか、変動金利にするかも悩みどころ。経済情勢によって金利も変ってくるので、こればかりは何とも言えないのが正直なところです。

少しでも上手に住宅ローンを利用したいなら、基本として以下のことに注意しておきましょう。

1)借入額は最小限に。返済期間もできるだけ短くする。
2)元金均等返済ができるなら、そのほうがオトク。
3)余裕資金ができたら、繰り上げ返済する。
4)住宅ローンの借り換えは、手数料を含めた総額で見極める。

地元の工務店が、実は住宅ローンで強い味方になる!

地場の工務店で家を建てる時のメリットは、実は住宅ローンにも及ぶのです。これ案外盲点なのですよ。

住宅ローンは、銀行や財形住宅融資、公的融資、信販会社など様々とあります。どこで借りるのが一番トクか?というのは状況によって変ってくるので、一概にどことは言えません。それぞれ審査基準も違ってくるので、誰もが同条件で住宅ローンを利用できるわけでもありませんので。

そんな時に強い味方になるのが、地場の工務店なのです。これはどういうことかといえば、長年その地域で営業している工務店なら、地元の金融機関と信頼関係を築いている所が多く、ローン設計に関しても相談に乗ってもらえ、有利な条件を引き出してくれることがあります。

ですから、資金相談も自分で金融機関に出向くのではなく、注文住宅の相談に行った折りにローンのこともしっかりと相談してみてください。資金面でもサポートしてもらえれば、これほど心強いものはありませんよ。